不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


娘、顔面アトピー脱保湿、経過報告

f:id:umi-shibuki:20201006154215j:image

何も顔につけない生活、丸3ヶ月

読者のみなさん、こんにちは!
思春期ブルー相談室の海野しぶきです。

このはてなブログでは、最近の娘の体調についても書いてます。


特殊な体質の娘は、西洋薬だと副作用のオンパレードで…。

アトピー性皮膚炎の塗り薬(保湿剤)や抗アレルギー薬もNGということがようやくわかり、いたしかたなく脱保湿(ということは脱ステロイドも)することになりました。

詳細がお知りになりたい方は、このブログの「カテゴリー医療のこと」をさかのぼってみてください。


で、今現在何も肌につけない生活が丸3カ月経ちました。

途中ガサガサぼろぼろがひどかったのは2カ月まででしたかね。

2カ月を過ぎたら、ぼろぼろ剥けるのはほぼ治まりました。


目の周りにかゆみと赤みが残っていて、掻きだすと顔全体に広がりますが、保冷剤で冷やしてごまかせる程度には落ち着きました。

顔の皮膚は触るとまだガサガサしてますけど、見た目はだいぶ色白。


ということで、毎日のように自己流タッチセラピーもどきで娘の背中をなでなでする生活は、脱保湿が3カ月目に入ってからは必要なくなってます。

お顔全体の赤みも消えたので、本人的にはひどかったころに比べて外出への抵抗感はだいぶなくなったそうですよ。


そりゃよかった😄


まだね、入浴の回数が少ないので清潔に保つってことができないんですけど。

ま、そもそも外に出ないのであまり汚れませんし。
もしかしたら、洗い過ぎないのが逆にいいのかもしれないし。


娘はひとりしかいませんから、どっちがいいのか同時には比べられないので、ひとつずつやってみるしかないんですけどね。


とりあえず、脱保湿は娘には合っているみたいですよ〜。

 

ということで、脱保湿については、またどうなったか経過をお知らせしますね。

 

ではまた!