不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


娘の睡眠障害

f:id:umi-shibuki:20200814143145j:image

私も知らなかったことが起きてました

読者のみなさん、こんにちは。
思春期ブルー相談室の海野しぶきです。

前回は病院のはしごをした日のことを書きました。

今回は、大学病院での長い待ち時間に知ったことです。

 

アトピーに関してはこの記事の続きになるかな。

 

ssbluesoudan.hatenablog.com

 

脱保湿をスタートして1カ月ごろからかゆみのパニックの回数が少なくなってきて、私が夜中や明け方に起こされることがなくなりました。

それで私の睡眠不足も解消されたんです。

 

上の記事を書いてたころの娘は、夜中じゅう起きていたものですから、てっきりそれがずっと継続していると思ってた私…。


ところが大学病院の待ち時間に、なんと夜中に寝ていると知らされたんです!


だからその日は朝8時半に病院でも、何ごともなく行けたんですねー。


中学生の不登校のときからずっと昼夜逆転してて、というか、朝のうちに起きない生活ですから、病院の予約は午後がお決まり。

ところが大学病院の初診は予約できず、しかも午前のみ。

その日はてっきり徹夜の状態で診察だとばかり思ってました。


この日、娘は初めての病院なのにフリーズもせず、吐きもせず、機嫌も悪くならずに出かけられたんです。

奇跡ですよ!


もしかしたら、精神科に行けば魔法のようにかゆみがなくなって、アトピーもパニックも治るかも!と期待していたからかもしれませんが…。
(ま、そうだとしたらものの見事に打ち砕かれたわけですね。)

 

ちなみに娘、千葉で発達障害を診てくれていた小児科から、”大人の病院”にかかるために紹介状を出してもらいましたが、そこにはありとあらゆる“病名”が記入してあり、その中に「概日リズム睡眠障害」もありました。

 

それがですね、どうも2度目の整体後に3日くらい異様に寝たあと、急に睡眠時間が短くなったみたいなんですよー。

知らなかった〜。笑


(つづく)