不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


娘、アトピー対策で整体にも行ってみる

f:id:umi-shibuki:20200730202530j:image

オステオパシーを初体験!

思春期ブルー相談室の海野しぶきです。
こんにちはー。

前回からの続き。

今回はアトピー治療というか、自律神経を整えるのを目的として、整体に行った話です。


娘はかゆみ止めの薬も塗ったり飲んだりできないし、漢方の煎じ薬で自律神経を整えるものは服用しているので、あとはもう整体くらいしか思いつかなくて。


予約したところは、オステオパシーという手法のところです。

ネットで検索して見つけた、比較的近くて、痛みのないの施術。

日本だと民間療法になるのであやしさが際立ちますが、アメリカだとお医者さんなんだそうですよ。


いかにも個人で作ってます!というホームページを見てそういうことも知りました。

電話ができない娘の代わりに私が電話して、大雑把な状況も伝えておきました。


そして当日。

初回はカウンセリングしてこれまでの経緯をお伝えします。

先生もホワイトボードに要点を書きながら整理して聞いてくれました。


一番困っているのは、顔のかゆみだけれども、娘は副作用で薬が使えません。

このことを説明していくのに、このブログでも書いてきたようなことを娘と私で思い出しながら話しました。


それで、今は脱保湿というあえて何も塗らない方法に切り替えて、漢方の病院にも通い始めたことも話しました。

脱保湿をスタートしてちょうど2週間経ったところで、毎日かゆみと痛みで眠れなかったのが、少しずつまとめて眠れるようになってきて、パニックの回数も少し減っています。

かゆみは変わらないけど、顔の赤みは少〜し落ち着いてきたかなぁ、というところ。


さて、いざ施術!

私もそばで見させてもらいましたけど、仰向けで寝ている娘を手で触れているだけに見えます。

足だったり腰だったり背中だったりするのですが、触れているだけに見えても刺激を加えているんですって。

娘はリラックスできたようで、途中寝息と軽いいびきが聞こえました。


重症のうつの人は、リラックスできないので目をつむったりもできないし、うたた寝することもないのだそうです。


施術後。

アトピーの人はかゆみが強く出る人が5人にひとりくらいはいると聞いてましたが、娘はまさにそのタイプでした。

予想はしてましたけど、かなり強くかゆみが出ましたよ〜。


さらに、3日くらい異様に寝てました。

家庭教師の先生とテスト対策するはずでしたが、それもできないほど寝まくってました。


これでまたまたリズムがめちゃくちゃになってますけど、私はよく娘のからだを触るので、すごく変化したことがわかったんです。

まず肩の筋肉がほぐれていて、凝ってません。


それに、背中の歪みがだいぶ緩やかになっていて、左右の差が小さくなっていました。


一度の施術でここまでからだが動くわけですから、娘のように敏感な体質だと相当影響出るだろうなぁ、というのが私の感想。


3日間、気分的にも落ち込んでいた娘ですけど、やはり何かしら変化を感じたみたいですね。

夜になってやっと目が覚めたときに「また行く」と言ってましたよ。笑


(つづく)