不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


引越してからの娘のこと

f:id:umi-shibuki:20200513153709j:image

パニックして、私にヘルプを求めにきた娘にした話

読者のみなさん、こんにちは〜。
昨日は息抜きで美容院に行きました!

それでこんなツイートしましたー。


発色のいい蛍光ピンクのカラーだったので、1年ちょっと前にしたブリーチが残ってる下の部分はホントにすごいピンク!
おうち生活で誰にも会わないのをいいことに、家族を驚かせて遊んでます😝笑

 


さて。
最近の娘の話。


仙台に来て以降も時々パニックでかゆみが出ていますけど、なんとなくパターンがあることがわかってきました。

かゆみが出始めるとイライラに襲われてしまうので、気分を切り替えるのがまず第一。


これまでもマッサージやマインドフルネスを試していますが、引越してからは一緒に庭に出るようになりましたよ!

千葉ではベランダにも出ませんでしたからね〜。
今はお庭が物珍しいのかもしれませんが、外気に触れて犬と遊んだりしているうちに30分くらいで気持ち的には落ち着きを取り戻すようです。


先日は、こんなことがありました。

プチパニックを起こしてキッチンの私のところにやって来た娘。

この時は深呼吸もしたくないし庭にも出たくないと言うので、肩を揉みました。


よくよく考えたら、ひどいパニックになる前に、こうして私にヘルプを求めに来ること自体が、娘としてはもうだいぶ対処できてるってことなんですよね。

そういうことに娘も気付けるといいのですが…。


私が、

「パターンもわかってきて、少しずつ対処法もわかってきたし、これからは大きな目標を持とうよ。もっとさ…」

と言い出したら、話の途中で娘が語気も荒く口を挟んできました。


娘:「やれたらやりたいけど、できないから苦しいんだって!…」


私:「もっと心地よく生きること、だよ。

生きることそのものを快適にすること!

そのための細かいルール作りはすごく大事なことでしょ?

あなたの場合、体のためにいいとわかってても、実行するのが難しいんだから。」


娘:「え?…そっち?」


と言ったきり、言いかけた文句はしまってました。

 

 

で、娘がどうなったかといいますと、張りつめてた緊張が一気に緩んで、引越し疲れ出たんでしょうねー。


一晩中嘔吐です。


2人で徹夜。


その後にしたツイートがこちらです。

 

 

娘、結局このダメージから復活するまでに1週間かかりました。


で、またすっかり忘れて、プチパニックからスタートです😅


こういう子はそんなもん。


それでも、まるっきり0からのスタートではない。

薄〜い紙1枚分くらいの経験は積み重なってます。

 

これでいいのだ😊

 


ということで、引越しに絡んだエピソードは一旦ここまでにしようと思います。


2015年からの記事を消したこともあり、今後は新たな気持ちでnoteに書き直すつもりです。

思春期ブルー相談室の活動内容も、ホームページの方で新しく作り直していきますね!

できあがったらまたブログでも報告しまーす。


海野しぶきでした〜。

それではまた。ごきげんよう💕