不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


引越し作業で煮詰まったときに私がしたこと

f:id:umi-shibuki:20200508121909j:image

土を耕したら気分が晴れた話

みなさん、こんにちは。
仙台に引越してきたときの段ボールを業者さんが引き取りに来てくれて、ちょっとスッキリした海野しぶきです。


前回までは引越し覚え書として記事を書いてましたが、今回は小ネタを。


仙台に引越して来た翌日、夫が朝から段ボールの山の中でテレワークを始めたときは、土砂降りの雨。

前日は晴れていたので、引越し荷物の搬入も庭から楽にできて、ほんとに良かったと思いました。

なんでかっていうと、庭の土が雑草も生えていないほど固まっていて水はけが悪く、庭全体がビチャビチャの水たまりになっていたから。


この水はけは一度土を耕せばなんとかなるのかなぁ…。

そんなことを頭の片隅に、荷物の片付けがスタート。


しかし、夫がリビングでテレワークしてるので、夫から離れた場所で作業開始です。

収納スペースが前の家より小さいので、しまうためにすごく考えなくてはならず、とっても苦労しました。


気分転換したくても夫がリビングで仕事してて、お茶を飲む場所もありません。

そんなとき、一度段ボールを出すのに庭に出たのをきっかけに、千葉から持ってきた園芸用の小さなスコップで庭を掘ってみました。


すると、ほんの10分 掘るだけの作業に集中したら、脳みそがすごくリフレッシュされたのがわかりましたよ!


収納の作業って、最初が肝心じゃないですか。

カテゴリー分けが家族全員にわかりやすくて、探さずに見つけられること。
取り出しやすくて、しまうのも、補充するのも簡単なこと。

そうするために、どうするのがベストか…。


今目の前にあるコレのことだけじゃなく、二重にも三重にも立体的に脳みそを使わなくちゃならず、うまくハマったときは気分が上がるけど、考えてるときはストレスだらけなんですよね〜。


それを解消してくれたのが土掘りでした。


小さなスコップでチマチマやってたので、最初の週末に夫とホームセンターに買い物に行って、大きいスコップを買いました。


そして、ゴールデンウイーク前に私がいつの間にやら庭を全部耕したら、急に夫も目覚めちゃったらしく、

「よし、芝を張ろう!」

と言い出しましたよ。笑


ステイホームのゴールデンウイーク中に実践しました!


f:id:umi-shibuki:20200508121941j:image

 

まさか夫がこんなに夢中になるとは思いませんでしたが、おかげで遠出できないゴールデンウイークも、お庭作りで楽しく過ごせましたよ〜。


実は、芝はりには娘も参加してくれました!
物珍しいことは楽しそうだからやりたいんですよね。

10キロを超える袋を持って、目土をまくのをやってくれました。


娘が庭に出るなんてびっくり‼️
千葉ではベランダにすら出なかったので…。
よっぽど珍しくて、ついやりたくなっちゃったんですね。

翌日は筋肉痛で腕がプルプルしてたそうです。笑

 

ということで今回はここまでです。