不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


新型コロナウイルスの影響がわが家にも

f:id:umi-shibuki:20200228224743j:image

わが家にも忍び寄るコロナウイルスの影響

ブログを読んでくださる読者のみなさま、こんにちは。
先日は宮城県仙台市への転居を報告させていただきました。
今日は夫が初めて仙台に出張で、笹かまのお土産が!
美味しかったです。


さて。
今週は私の活動としては珍しく、勉強会とカウンセリングが立て続けにありました。
合間に娘の診察日があり、私の習い事と娘の家庭教師が来る日があり、これで一週間があっという間!


世界を震撼させているコロナウイルスも、基本ひきこもりの娘との生活ではあまり影響ありません。
淡々と、いつも家にいる生活が過ぎていくだけですから…。

しかし、思いがけないところからわが家にもコロナの影響が出始めましたよ!


まず残念だったのは、私の習い事も休校になること。
学校も休校ですから、流れ的にそうなりますよねー。


思春期ブルー相談室としても、キャンセルする方が出ています。
これはもう致し方ないですね。
普段電車に乗らない方は、わざわざ電車に乗って危険をおかしたくないですもの。
もうここはその人の判断にお任せするしかありません。


さらに、夫のテレワーク推奨。
これもそりゃそうでしょうという感じですよね。
突然テレワークとなると、奥さん含め家族みんなが結構ストレスたまるものですが、わが家の場合は昨年秋に夫が骨折して(私が一人旅の最中に折ってた)テレワークを体験済み。
以来何度かやってるので、これも通常のこととして対応できます。

しかも夫、これから2週間のリフレッシュ休暇なので、どっちみち家にいるんですよね…。


そういうことで、家族全員でひきこもり!


でも全然大丈夫〜。


慣れてるから〜。

 

私はおしゃべり会やカウンセリングでお会いするお母さんたちに、

「この世の中はST気質(発達障害及びその周辺のグレーゾーン)の人が引っ張っているんですけど、これからの世の中はひきこもりの人がどんどん力を発揮して、ますます必要とされる時代になりますよ。
だから不登校だからとかひきこもりだからとか、全く悲観することないです。」

っていうことをよく話していますが、まさかこんなウイルスがきっかけになってブログに書くことになるとは思いもよりませんでした。


気を付けたいのは、後手後手の対応に熱くなったりパニックやヒステリーを起こすこと。
本来、怖いのはコロナだけじゃないはずです。

ここは冷静になって、考えながらやるしかありませんね。

自分だけがよければいいというのではなく、できればみんなで助け合いながら乗り越えていきたいですねー。