不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


ひきこもり娘の超合理的体力づくり

家の仕事をトレーニングに!

去年の11月。
娘が二十歳になるのをきっかけに、家族の一員として何か家のことをやってもらおうということになりました。

といっても、感覚的な苦手さが山盛りなので、調理は無理。
食器洗いや洗濯、お風呂掃除など、洗剤を使うものもダメなんです。

それで考えたのがゴミ捨て。

週に2回の燃えるゴミを担当してくれることになりました。


小学生のお手伝いみたいでしょ?笑


でも、これをやるにあたってなんと去年の夏から話し合いをし、数ヶ月かけて覚悟していったんですよー。
カレンダーにも11月のところに「ゴミ捨てスタート」って記入してね。

おかげで誕生日を境にまったく嫌がらず、自分の仕事としてがんばってくれています。(玄関に用意するのは私ですけど。)

f:id:umi-shibuki:20200122164310j:image

ただ、覚えている方もいらっしゃると思いますが、娘、そのころあれこれ薬を試していて、二十歳の誕生日に飲んだ薬で死ぬ思いをしました。
なので体調がずっと悪かったんですよね。

本人としては、いつも健康的な肉体と精神を持ちたいと思ってるんです。
でもそれどころじゃありませんでした。


そんな娘が、薬のダメージが消えてきた年末ごろ、急にフィジカルトレーニングに目覚めたようです。
時々動画のお手本を見ながら体幹を鍛えるトレーニングをしてます。

一番娘らしいと思ったのは、ゴミ捨ての時間を有効に使っていること。

わが家は14階建ての10階にあるんですけど、週に2回、ゴミ出しついでに階段の上り下りをしてるんです。

しかも、14階分!

一旦最上階まで上がってから下りてゴミを捨て、10階まで上がってくるんですって。
飽きないように、スマホで動画見ながら上り下りしてるらしいです。

やり始めのころは、先に下りて、ゴミを捨ててから最上階まで上がっていたんだけど、10階を過ぎるときに心が折れるから、まずゴミを持ったまま14階に行くことにしたそうです。


いろーんな工夫をして、いかにもST(スペシャルタレント)気質の、無駄が嫌いで合理的な娘らしいやり方だと感心しています。

週に2回ちょっと心臓バクバクするくらいの運動するようになって、最近だいぶ顔色が良くなってきましたよ!

ということで今回の記事はここまでです。
お読みいただきありがとうございました!

    家族支援カウンセラー 海野しぶきでした🌊