不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


パパさんもおしゃべり会での、ママさんの反応とパパさんの反応

なんだかんだ、ママたちは恥じらいの少女だし、パパたちは照れ屋な少年なんだとわかった件

お子さんの不登校で悩んで、外部に相談するご家庭は、ご夫婦ともにとても真面目な方が多いです。

私のおしゃべり会にリピーターで参加してくれるお母さん方はホントにみなさん真面目。

でも、お母さんだけの集まりでご家族の様子を話すと、大抵の方はパートナーであるはずのお父さんの評価が低いです😅

f:id:umi-shibuki:20191217221638j:image

なんですが〜。

先日のパパさんもおしゃべり会では、とても微笑ましいお母さん方を目にしました!

男性チーム、女性チームに分かれて、部屋もパーテーションで区切って見えないようにしてグループトークをしてもらったところ、お母さんたちは隣の男性チームが何を話しているのか興味深々!


そうっと、こんなこと言ってたよ、あんなこと言ってたよ、とお伝えすると、パートナーの発言を知って、なんとも言えない、少女のような、恥じらいながらも嬉しそうな、それでいて誇らしそうな顔を見せてくれました☺️


とても可愛らしくて、だんなさまに見せてあげたいほどだったんです❤️

普段は評価低いけど、やっぱりご夫婦の絆がしっかりあるんだなぁ、と感じました。


そんなことはお首にも出さずに男性チームでの話を聞き、そろそろ終わりに近づいたときに私からパパさんチームへのお願いごとをしました。


「この場に来てくれているだけでも、お父さんたちはとっても協力的だし頑張ってくれていることはわかります。
でも、ぜひ、日常で、毎日不登校やひきこもりの子どもと向き合っているお母さんに、ひと言でいいので労いの言葉をかけてください。」

と言ったんです。


4人のお父さんたち、見事に一斉に、全員がのけぞりました😅


「ええー!?」

「労いの言葉ですかーっ!」

「やったことない…」

「難しいですねぇ。」


そうでしょうとも…。

でも、だんなさんから「いつもありがとうね」「それは大変だったでしょ、助かるよ」と労いの言葉があるだけで、お母さんは何日も頑張れるエネルギーが出るんです。

とお伝えしましたけど、どうかな〜?


まあ、実践するには勇気が必要な人もいるでしょうけど、心に留めてくださると嬉しいです!

言葉で面と向かって言うのが恥ずかしいならば、ぜひラインでもメールでもいいので、文字で送ってくださいね➰💌

 

ということで今回の記事はここまでです。
お読みいただいた読者のみなさま、ありがとうございました!

    家族支援カウンセラー 海野しぶきでした🌊