思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


メンタルクリニックのドクターもお手上げ?新しい提案なく診察終了

エビリファイ0.5mgでここまでの副作用は、前例がないそうです

前の記事の続きです。
今回も薬のことなので、誰にでも参考になる話ではありません。
特に娘はかなり特殊なケースなので、こんな人もいるんだ、くらいの感じで読んでいただけるとありがたいです。


娘はPMS月経前症候群)で過眠症状が強くなったり、めまいや吐き気も伴うことから漢方薬での治療をしてします。
しかしそれだけで症状をなくすことはできないため、最近主流となっているSSRIという抗うつ剤をプラスする治療をスタートしました。

発達障害の小児科で出されたジェイゾロフトは一定の効果は認められるのですが、プラスアルファで意欲が出れば尚良い、という感じ。

そこで、メンタルクリニックデビューをして、弱い薬を少量試したものの、レクサプロは娘には合いませんでした。

次の手としてエビリファイ1mgを半錠試してみましたが、副作用に苦しめられただけで、何もいいことがない、という結果に。

f:id:umi-shibuki:20191203085723j:image

娘、二十歳の誕生日にエビリファイを飲んだ翌日は、いつも飲んでいる漢方だけで、ほかの薬もサプリも飲みませんでした。

よほどこの体験が恐ろしかったんですね。


私もやはり娘の場合は西洋薬ではなく、漢方薬にした方が良さそうだと感じました。
治すことを目的とするのではなく、整える、という方向性ですね。


その2日後。
エビリファイでからだにショックを受けた娘は、食事もあまり取れず免疫力が落ちてしまったからなのか、風邪をひいてしまいました。

滅多に風邪をひかない娘が、どこも行ってないのに風邪です。
ダメージ凄すぎですよね。


この風邪ひきをきっかけに、娘、薬はアレルギー薬(ビラノア)と漢方薬だけで固定となりました。


そういえば、娘は生まれてこの方風邪で病院に行ったことがありません。
今気づきました!

自然治癒派です。
たぶん、薬は合わないでしょうしねー。
市販の風邪薬も飲んだことないです。
前回の記事じゃないけど、これも勘ですかね?


こうして、成り行き上SSRIジェイゾロフトも辞めたことで、娘はおでこの吹き出物もだいぶ減ってきました。
やはり、これも副作用。


そして、前回の診察から2週間、メンタルクリニックの診察日。

その日はとても体調が悪く、なかなか目が覚めない娘。
一旦起きて軽く食べた後、本当はシャワーを浴びたかったのですが、それもあきらめて出発15分前まで寝ていると言います。

もう今日は無理でも仕方がないと思いながら15分前に起こしに行くと、真面目な娘は先生に報告しなくてはという義務感から、力を振り絞って起きました。


「終わったら、どこか寄る元気はないから、テイクアウトでタピオカ買う。
それをご褒美にしないととても行けない。」

と娘。
本当にがんばっています。


この日でメンタルクリニックは3回目。

物腰の柔らかいドクターと、雨ばかりの天気の話であいさつをし、さてエビリファイはどうだったかな、と尋ねられた娘は、

「書いてある副作用コンプリート。」

と答えました。


「ええー、そうですかぁ。具体的には?」

と質問され、

アカシジアぁ、吐き気ー、めまいー、動悸、ゲップ〜、神経過敏〜、あと何だっけ?そうだ!不眠!」

と指折り数えながら、それぞれの症状を詳しく報告していました。

「悪心ですねー」と先生は口を挟みながらも、ほとんど電子カルテの打ち込みにお忙しい感じ。


私から見た様子も付け加えて、これはちょっと怖いくらいの反応だったので、半錠だけで良かった、と言いました。

ただ、本人も相当怖かったみたいで、そのあとは結局漢方薬とアレルギーの薬しか飲んでいないことも伝えました。


ドクター、どんどんしゃべらなくなり、入力の音が響きます。


そして、

「ビラノア〜、出しますか?」

と聞かれたので、お願いしました。


新しい提案は何も出ず。


次の発達障害の小児科の診察日を確認されましたから、そちらにも相談してください、ということなんでしょうね。


次回の予約をどうするか聞かれ、娘は小児科の診察日が年末だし、そこを過ぎてから考えて、必要なら電話して予約することになりました。


最後にドクターは立ち上がりながら

「この薬でここまでの副作用が出た人は聞いたことがないです。
初めてですねー。」

と言いました。


「そうだと思います。
これまでも合うのが見つかっていないので、薬が合わない体質だとは思っていましたが、ここまでひどい副作用が出るとは思ってなかったので。
まだ抜けきっていないみたいだし、娘はしばらく辛いでしょうけど…。」

としか、私も言いようがなかったです。


病院の帰り、娘の希望通り、タピオカドリンクを買って、薬局でビラノアを受け取り、家に戻りました。


ということで、また一からやり直しです…。
この話、まだ続きますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

↓「この記事読んだよ」の合図にわが家の犬を押していってくださいね👆🐶

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

↑1日1タップの応援よろしくお願いします。
上と下の写真2つとも押してもらえると嬉しいです😊

 

    家族支援カウンセラー 海野しぶきでした🌊