思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


いつも予想外の娘

外出することに不安が強い娘なのですが…

不登校からひきこもりとなり、かれこれ6年近くになる娘です。
一応通信制大学生であり、バイトもしていますが、ベースのひきこもりは変わりません。
世間的には半ひきこもりになるのかなぁと思います。


家が安心できる場所になり、家族が味方になったといっても、これまでに受けたダメージはそう簡単に回復するものではありませんね。
うちの娘は外出先で何度も具合が悪くなっているため、要するに外出恐怖症になっていて、緊張感があると途端に嘔吐してしまいます。

最近になっていろいろと自己分析が進み、月経前症候群PMS)であることや、気圧の変化も大いに関係することがわかってきました。

じゃあいつなら具合がいいのか、というと、そんな日は残念ながらない、というのが実情かなぁ。
外出の予定がしばらくなくて、緊張する用事がなければまあまあ元気、そんな感じです。

f:id:umi-shibuki:20190915174030j:image

娘は、大好きなアイドルの応援活動資金としてお金が必要なためアルバイトをしていますが、今のところ目標となるコンサートが決まっているわけではないので、何が何でもお金を稼ぐぞー!というエネルギーはなく、月に4〜5回のペースでゆっくりバイトしています。

最初は8時間勤務でスタートしたんですけど、疲れ切ってしまうので6時間に短縮してもらいました。
しかし勤務日が2日続いた時は、結局2日目をお休み…。
その時の記事がこちらです↓

娘、今のバイトを始めてから、初の欠勤 - 思春期ブルー相談室ブログ

今回書くことは、その次にバイトだった日のこと。

月末に翌月のシフトが出ていたため、元々2日続くことがわかっていました。
初日は午後からの勤務だったので、起きたのは10時とゆっくりで良かったのですが、起床の瞬間から
「気持ち悪い、めまいがする。」
と始まり、食べるものを用意しても
「食べれない、びっくりするほど食欲ない。」
と言い続けています。


それでも頑張って仕事に行きましたが、初日を終えてみて、やっぱり連続は辛い、と思った娘。
さすがにまた休みたいとは言えなかったそうですが、勤務時間をさらに短く4時間に変更してもらったそうです。

言いやすい雰囲気を作ってくれている職場に感謝ですが、娘も交渉力ありますよね〜。

そして、仕事の割り振り調整のため、入り時間は帰宅後連絡が来ることになり、家で夕飯を食べている間にメールが来ました。

10時スタートの4時間勤務。

その日より2時間早いスタートなので、翌朝起きるのがどうなるかなぁと密かに思ってました。

ところがなんと、特別辛そうでもなく、支度も全くスムーズに、一度も気持ち悪いとも言わず、朝食もしっかり食べて行きました。

前日とは大違い!


帰宅した娘から仕事の話を聞いたついでに、今朝は気持ち悪いって言わなかったことを聞いてみたら、
「勤務時間を短くしてもらったことでプレッシャーが減ったからじゃない?」
と分析しておりました。


ふ〜ん…
そうか〜〜。


以下は私の心の声。

ねぇねぇ、でもさー、確か月のリズムでは今調子悪い時だよねー?

それに、台風きてるよー。

それが全然影響しない時もあるのね〜〜。

 

ホントに全く、毎回毎回予想がつかない娘です😅

 

ということで、今回はここまでです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊