思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


義母三回忌と義父一周忌でした

法要の際の、娘の聴覚過敏対策

みなさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

今日は、2017年8月9日に亡くなった義母の三回忌と、2018年10月7日に亡くなった義父の一周忌でした。
間をとって、9月の上旬です。


昨年7月下旬、白内障の手術を控えていた義父からは「三回忌まではよろしく」と言われておりましたが、それは義母のことであって、その時はまさか義父の法事も一緒になるとは思ってもいませんでした。

義父宅で義母の一周忌を行ったときは、うちの娘があまりの大きな音に取り乱してしまい、それが教訓となって記事にしました。
それがこちらです↓

娘、一周忌の法要で聴覚過敏アウト : 不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

f:id:umi-shibuki:20190914180103j:image

あれから一年ちょっと。

今回の三回忌&一周忌は、義父の四十九日の法要をしたセレモニーホールで行いましたが、天井まで石なので反響がすごいんですよ。
しかも今回のお坊さんは、義母の一周忌で鳴らしものをふんだんに使ったお坊さんだったので、娘には無理せず途中で退席しようと約束しておきました。

そしたら娘、根が真面目ですから、ノイキャンのヘッドフォンを装着していても音楽は流しておらず、今日は最初の鐘の音からして辛かったみたい。

私が途中で気づき、娘に「音楽流していいよ」と小声で言ったら、慌ててiPod touchを操作してました。

徐々に木魚の音が激しくなってお焼香の時間となり、娘には一回やってもらってから控え室で待機してもらいました。
なので今回は本当に辛くなるのは避けられた感じかな。

会が始まる前にホールスタッフから挨拶があった時、「お焼香の煙などでご気分が悪くなられたりしたら、決してご無理はせず、お早めに退席なさってください。」と言ってくれたので、娘も出やすかったのだと思います。
なかなかの配慮だな、と感心しました。


それにしてもですねー、私は思春期ブルー相談室のブログをはてなブログで新しくした時に、もう一つ新しいブログを作って、義父母のお世話をしてきた記録はそこでまとめて書いているんですね。
前のライブドアブログの思春期ブルー相談室ブログで書いていた記事を元にしながら、当時書けていなかったことを加えつつ、時系列で進めています。

そっちのブログがですねー、今義父の死を目前に控えて、進まなくなってしまいました。

もう死んでるのに、「もうすぐ死んじゃう〜」と思うと、書き進めるのが寂しいような気がしちゃうんです。
私が死なせちゃうような気さえします😓


不思議なものですね。

義父母のことは毎日思い出していますし、
心の中で生きているっていうのは、こういうことなんだなぁ、なかなか会えない人を思い出すのと、なんら変わらないんだなぁ、
という感覚を持ちながら日々暮らしております。


こういうことも、こっちのブログで娘のことと合わせて書くとスムーズに書けるのに、なぜか親のブログだと書けなくなっちゃう…。

まぁ、でも今日は無事に長男一家、次男一家が全員元気に、仲良く揃って法要できたので、気持ち的には一区切りついてくるかもしれませんね〜。


ということで、今日はここまでにします。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました😊