不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


娘、通信制の大学で初めてのテスト、2日続けて欠席

自分の理解が進んだ、初めてのテスト期間

娘が在籍している通信制の大学でも、7月の後半は前期テストでした。

うちの娘のことですから、何事も順調に進んで無事に終了、なんていうことはなく、相変わらず毎日すったもんだしております。


今回起こったことを説明する前に、最近の娘のことをまとめてみると、まず、大学生となった頃から娘自身が自分の体調を分析できるようになり、自分の過眠状態はPMS月経前症候群)が関係あると気付きました。

その記事がこちらです。↓
ひきこもり娘、発達障害の病院でPMSの相談 - 思春期ブルー相談室ブログ
ひきこもり娘、PMSによる過眠症状で初めての婦人科受診 - 思春期ブルー相談室ブログ

治療を始めて以降は、なんとか24時間で1日のリズムが作れるようになっています。

5月には、アルバイトを探している段階で自分が過敏性腸症候群だと認識もしました。
お腹を下すよりも先に嘔吐となるんですけど、いずれにしても緊張や不安が発端です。

その記事がこちらとなります。↓
娘、バイト面接前の緊張が強過ぎる件と優しい友だちの話 - 思春期ブルー相談室ブログ
娘、極度の緊張で自分がどうなるかを知る機会となったバイト面接 - 思春期ブルー相談室ブログ

 

f:id:umi-shibuki:20190728000239j:image
その後、6月と7月に一度ずつ、お友だちと電話しながらのゲームで完徹してました。
私たち親が起きる直前までリビングで遊び、親と顔を合わせないように一旦自分の部屋に入って寝たようですが、夫が家を出たころ、部屋からトイレに駆け込んで嘔吐。

6月にこうなった時は「徹夜はダメだね。」と話していたのですが、7月にはすっかり忘れてしまったらしく、今回は一晩中楽しすぎて、一度も時計を見なかったそうです。
テストの直前だったので、私もよっぽど注意しに行こうか、夜中に寝ながらずいぶんと迷いましたが、結局声はかけませんでした。

結果、即嘔吐。
本人、痛く反省したようで、「もう二度と徹夜はしない!」と言ってました。
また来月になったら忘れてるかもしれませんけどね。


こんな感じで、これまではいくつもの要因で具合が悪く、結果的に嘔吐につながると思っていたことが、緊張や徹夜など、単体の理由でも嘔吐することがわかってきたわけです。


そして、今回大学でス初めてのテストがスタートしました。
7日間の期間中、飛び飛びに5日行かなくてはならないスケジュールでした。

初日は1教科だけでしたし、雨だったので親の送迎付きでクリア。

翌日はお休みで、1日置いてから3教科のテストが控えていました。
その日は一番勉強した教科のテストだったので、本人はもちろん行く気で準備していたのです。
直前の過集中モードで勉強したくなってしまうところを、徹夜にならないようにやんわりお互いに時間を気にして、寝る時間と起きる時間をチェック。

翌朝、約束の時間に起こしに行くと、娘はなんとなくもう起きていたみたい。
実はこの時点でもう気分が悪かったんですね。

リビングに来てからも気持ちが悪そう。
とりあえず、漢方や胃薬を飲んで、食べるのは無理、と言ってました。
一旦ベッドに引き返してしまいましたが、まもなくトイレに走ったものの間に合わず…。
トイレ前の廊下に飲んだ水分をぶちまけてしまいました。

この失敗に、娘はひどくショックを受けたよう。

嘔吐恐怖症、外出恐怖症。

そんな感じです。
一気にひきこもり度が増しそうな雰囲気。


出かける予定時刻のギリギリまで悩んでいましたが、私から見たらとてもとても…。
何度もトイレに駆け込んでいますし、食べてませんし、水分も出し切ってからは取れてないのに、朝から夕方までテストなんて、考えられません。

悩みに悩んだ末、今日のテストは休むと決めた娘、もうこの後は全部行かなくなるかも、と自らの0か100なところを感じつつ、横になったと思ったら、「ママ!すごいことがわかった!」と飛んできました。

今回生理前にとても苦しんだ娘のために、家庭教師の先生が気圧の変動がわかるアプリを教えてくれたんですけど、それを確認してみたら、前回体調が悪かった時とその日、気圧の変動をお知らせしているマークが出ていたそうです。
しかも娘の周期だとその日が排卵予想日。
これまで排卵を意識できたことはなかったのに、朝からお腹に違和感を感じているようで、まさに予想通りです。

これまで見方がちゃんとわからなかったアプリが、ちゃんと使えば役に立つかも、とわかり、自分の気付いたことを入力していました。


今回の嘔吐は、徹夜のダメージも乗り越えた後のことでしたし、テスト自体は2日目で明らかな緊張でもなかったわけで、娘もこの程度のことで吐くなんて、とかなりへこんでいました。
「こんなに近い大学にして、乗り物にも乗らないで行けるところをわざわざ選んだのに、まさか行けなくなるとは思ってもみなかった。」
と言って落ち込んでいましたが、排卵日も含め月のリズムと気圧の変動が重なると吐くということがわかりました。
また新しく嘔吐の理由が一つ判明したわけです。

娘も理由がわかってホッとしたようす。

発達障害のドクターに会いたい。」と言ってましたから、やっぱり娘にとって嘔吐は不安になる要素なんですね〜。

私からは、
「〇〇先生にも、婦人科の先生にも、また話せる話題が出来たね!」
と言っておきましたけど。


それで結局、その翌日も体調がまだ戻らず、その日も3教科のテストをお休みしたのでした。

今回はここまでにしますね。
続きを次回に書きます。