不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


メニエール病で寝込んだ私に、娘の反応は

3年前の娘と比べてみると、成長ぶりがわかります

3年前に私がメニエール病の発作を起こした時の娘の様子を書いた記事がこちらです。
私がメニエール病で寝込んだら : 不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ


高校を辞めて半年あまり経過していましたが、まだまだ落ち込み具合は相当の時期のことでした。

f:id:umi-shibuki:20190714132057j:image

あれから3年半近く経過し、今回の娘はいきなりの展開にも動揺せず、とても優しかったですよ〜。


私が倒れた日にはベッドサイドにお水を用意してくれたり、何かと用はないか聞きに来てくれました。

倒れた翌日は、娘が大学に行く日だったのですが、あいにくの雨。
これまで雨で車がある日は送迎していたのに、この日は車があっても運転できる人がいません。
授業は午後からだったので、早起きの必要はありませんが、まず起きてくるかどうかすらわかりません。

どうするかなぁ?と思いながらベッドで横になっていると、朝10時ごろ、インターフォンの音が聞こえてきました。
おそらく娘が注文した洋服です。
2回鳴りましたが、私は動けませんでした。
すると娘、珍しくインターフォンの音で起きてきました。
宅配屋さんは宅配ボックスに入れたので、直接受け取ることはありませんでしたが、私に気を遣って起きてきたのはすごいこと。
しかもそのまま支度をして、一人雨の中歩いて大学に行きました。

大学からの帰り、普段は電話をしない娘からライン電話がかかってきました。
「大学の帰りにスーパーに寄ったから、ママ何か買って来て欲しいものある?」
ですって!

私はまだ食事は無理でしたので、夕飯の買い物を夫が会社帰りにしてくれることになっていましたから、「パパに任せるのではなく、自分で食べたい物があればそこで買った方がいいかも」ということを伝えましたが、
「ママが食べれそうなものはないの?例えばアイスとか。」
と言われ、
「アイス!アイスなら食べれるかも!」
と娘にお願いすることになりました。

そのスーパーは、大学より遠い場所にあるのに、帰りも歩いて帰ってきましたよ!
買い物も含めて1時間半くらいは歩いてたんじゃないかな。
アイスは溶けてましたから、固まるまで冷凍庫で急冷しましたけどね。

そしてその翌日。
今度は娘宛ての郵便物を取りに、マンションの入り口にある郵便受けを見に行かなきゃならないとか。

どっちみち着替えるから、近くのスーパーまで買い物しに歩いて行ってくれるとのこと。

それでまたアイスと、カットスイカをリクエストしました。

こんなことをしてくれるようになったなんて、感動の2日間!


今回私が寝込んだことで、その夜と翌日の朝は薬を飲み忘れてしまった娘ですが、いつもは私がセッティングしてあげるところを、私の声かけで、自分でセッティングしてくれました。

嫌がらずにできて、しかもちゃんと飲めただけいいんです。

ちっちゃなことかもしれません。
でも、こういう子を育てている以上、この小さな変化に気付けるかどうかが大きなポイントなんです。

明日は娘、バイトなんですって。
いつもみたいにマッサージで起こすのはまだ無理かもしれないなー。
パパがやってくれるかなー。
娘にも、ちょっと頑張ってもらわないといけないけど、明日にはだいぶ元気になりそうな感じだから、もうちょっと辛抱してね♪

[記事をアップするタイミングは現在進行形ではありません。もう回復していますのでご安心くださいね]