不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


思春期ブルー研究所のホームページが無くなりました。ちょっと残念

あいあいキッズクリニックのホームページが削除されました

先日あいあいキッズクリニック思春期ブルー研究所のことを書いた時、リンクを付けようとして気づいたのですが、ホームページが消えてしまってました。

ついにというのか何というのか、院長の北島先生がお亡くなりになられてから4年経ちますので、仕方ないことなのかもしれませんが、ちょっと残念…。

でも、まだ初期の頃のYahoo!ブログは残っているので、「SDKS+C」についても読めることは読めるんですけどね。

柔らかい思春期ブルー - Yahoo!ブログ

 

f:id:umi-shibuki:20190611005847j:image

残念、と言いながら、自分がホームページを作るようになって思うのは、インターネットに存在し続けることへの無責任さです。
必要な情報を探してたどり着いたところが、何年も更新されないまま放置してあるページだとガッカリしますよね。
特にホームページやブログ作成に関係することだと、数年前のことは全く役に立たない情報になっていますので、よりガッカリ。
こんな古くて役に立たない情報を出しておかないで、とか思ってしまいます。


そして、自分が情報を発信する立場となって考えることは、情報を垂れ流しにするのではなく、ある程度責任を持って管理したい、ということ。

今はまだ元気があり、自分が理解できる範囲でホームページもブログもできているからいいのですが、この先病気になったりして活動できなくなった時は、自分で閉じるのが理想。

しかし、それが叶わぬ場合もありますよね。

それで、私はいつかの死も含め、自分では判断できないような状況になった時に、クレジットカードを止めたり口座を閉じれば、必然的に更新できなくなるようにあえて有料のプランにしています。

あいあい先生がどんなお考えで情報を発信していたかはわかりませんが、ブログを途中で有料サービスに切り替えていたのは、もしかしたら私が感じていたようなことを先生も感じていたのかもしれない、ということです。
ホームページを閉じる時期も、ご家族に伝えてあったかもしれないですよね。


とにかく、あるだけで安心していた私の教科書がなくなっていたわけですから、寂しいのも事実。

そう。
寂しいんですね、私。
書いていてようやく気づきました。
寂しいんだ。 うん。


でも、この寂しさも乗り越えて、私はあいあい先生の教えを受け継ぎ、これから必要な人へとつなげていこうと思います。

天国のあいあい先生、改めて、長い間ありがとうございました。

私がそちらに行ったら、ぜひご挨拶したいです。
「はじめまして」って。

それまで、やれるだけがんばりまーす٩( 'ω' )و