不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


おしゃべり会、カウンセリング。私にたどり着いた方々から感じること

ネットの検索で見つけてくれるケース

私のこの思春期ブルー相談室は、全くの個人でやっているものです。
資金もなく、ほぼ毎日こちらから情報を発信しているだけで、広告は一切出していません。

なので、基本的に私にたどり着く方はネットの検索で探してくれた方が主流となります。

対面や電話のカウンセリングを受けている方は、不登校の子どもをどこかに相談に行かせようとしたけれどもうまく行かず、自分が参ってしまって、親が相談できるところを検索したら見つけた、という方が多いです。

見つけてから、ホームページやブログを読んで、アドバイスのためにカウンセリングを受ける、という具合ですね。

f:id:umi-shibuki:20190422105856j:image

メールカウンセリングを受ける方、またおしゃべり会に参加してくれる方の中には、熱心にブログを読んでくださる方が多いようです。

特におしゃべり会では、
「すごくわかりやすいんです!」「スッと入ってくるんです!」
と直接感想を聞けるので、私としても嬉しくて「もっと言って!」という感じ。笑
ライブドアブログの方からさかのぼって全部読んでくださる方もいます。

また、私の心の師匠であるあいあいキッズクリニックの思春期ブルー研究所を先に見つけて、そこから私にたどり着いた方もいましたし、逆に私の方から思春期ブルー研究所を読んだ方もいます。
みなさん、ほんとに真面目で勉強熱心ですね。(私もそうでしたけど…笑)

ブログを読んでいないケース

おしゃべり会の会場は、パルひろば☆ちばというパルシステムの施設を利用させてもらっているので、千葉エリア限定になりますけど、パルシステムのチラシでおしゃべり会の告知をしてもらっています。

そのため毎回数名の方は思春期ブルー相談室のホームページやブログのことをあまり知らないままおしゃべり会に参加されます。

そのような方のため、またブログを見つけて間もない方のためにと思い、ST気質ミニミニ講座をしていますが、みなさんのご家族の話を聞くにつれ、だいたいどこのご家庭も“ST家族”なんだなぁ、ということを感じています。

そして、そのことをお母さん自身で理解している人とそうでない人とで、心の持ちようが全然違うということも、おしゃべり会の回数を重ねてきて実感しているところ。

リピーターさんがとにかく最初の頃と雰囲気が全然違いますし、話す内容も変わってきてるんですよね。
そういう先輩ママさんの話は、初参加のお母さんにしてみたらすごい説得力だと思います。
これは私一人ではどうにもならないことで、とにもかくにもリピーターさんの力が大きいのです。
本当にありがたい存在!


子どもや夫、ほかの兄弟、もしくは自分のST気質に気づき、「受容までの道のり」で自分のやることがわかっている人と、そうではない人の違いは、混乱ぶりに現れます。

気づいてる人は、やるべきことがわかっているので、混乱が少なく、落ち着いているんですね。
なので、リピーターの方と初参加の方とでは、物腰が違うんです。

混乱の理由をひと言で言えばこうなると思います。


混乱している人は、人を変えようとしています。
やるべきことがわかっている人は、自分を変えようとしています。


あ、これ、名言じゃない?
おーい、自分で言うな〜😅

大事なのは知ることで、そのタイミングは人それぞれです

ここで注意です⚠️
今回の記事を読んで、私の書いていることをあまり知らずにカウンセリングを受けたり、おしゃべり会に参加した方の中には、繊細なあまり落ち込んでしまう方もいるかもしれませんが、私はそういうことを意図しているわけではないので、全く気にする必要はありません❗️
そんなことは気にしないでいいんですよ❣️

大事なことは、きっかけは何であれ、知ることが大事だということです。
誰だって、知る直前まで知らないわけですから、その知るタイミングは人によりそれぞれ。
だから私の記事を読まずにカウンセリングを受けたとしても、全然構わないということです。
中には文字が苦手な人もいます。
聞いて理解できるタイプの人だっているんですからね。


知って、自分のするべきことがわかり、混乱から抜け出せれば、次には自分の経験をまだ知らない人に伝えるという役目ができます。

人から人へ。
その繰り返しです。
世代が変わろうとも、そのうちに世の中が変わってきますから。


ということで、今回の記事はここまでです。
次回は、ちょっと珍しい、お子さんが私のブログにたどり着いたケースを紹介しますね。