不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


発達障害

#3 引越し覚え書 娘対策編。ひきこもりパニック障害の娘のストレスをいかに減らすかが課題

なるべく引越し作業に関わらせない。娘がひとりで待機できる場を確保 みなさん、こんにちは。家族支援カウンセラーの海野しぶきです。ゴールデンウイークが終わりましたね。 引越しの覚え書としての記事が続いていますが、今回はひきこもり娘対策について書…

#1 引越し覚え書 物件探し編。ペットとひきこもりの子に適した賃貸物件って?

意外に少ない仙台のペット可物件。ネットではわからなかった現地情報も みなさん、こんにちは仙台に越してきたばかりの家族支援カウンセラー海野しぶきです。 今回からの記事は、自分がまた千葉に戻るときに忘れないようにするためのものですが、ペットを飼…

コロナがわが家にもたらしたもの

今だからこそ、負の面だけでなく、ささやかな幸せに目を向けて 久しぶりの投稿です! 発達障害で(私はST気質と言ってるけど)ストレスに弱い娘の話です。 ここのところ引越しとコロナの影響でとっても調子が悪いです。拍車がかかってひきこもっていますが、…

娘の漢方治療 続報

パニックもうつ症状もアレルギーも、つながりのある治療 昨日は娘の漢方外来の日でした。ツイッターにちょっと報告しましたが、書いてるうちにどんどん長くなってしまったので、やっぱりブログに書くことにしましたよ!笑 前回の初診から3週間、今回が2度目…

パニック障害を漢方薬で治療中の娘、変化はあるの?途中経過報告!

発達障害ひきこもり娘(20歳)の漢方ライフ10日間の変化 いろいろあって、西洋薬が全く合わない娘の希望で、漢方外来を受診しました。 その記事がこちら‍♀️ ssbluesoudan.hatenablog.com その時いただいた処方箋に、初めて目にする文字が…。 『奔豚湯』 ❓ な…

乗り物酔いがひどい人におすすめの公共の乗り物の乗り方

乗り物酔いがひどく電車に乗るたびに吐いてしまう娘(当然外出恐怖症)がしてる工夫を紹介 ◆電車 ①サングラス(視覚情報減) ②骨伝導イヤフォン(ノイキャンは酔う) ③先頭車両の車掌さんの後ろから線路を見る(進行方向のみ、広告を見ないで済むので夜でも…

不登校、コミュ障の子にこそスマホやPCを

人間関係につまずいた子どもにはSNSがコミュニケーションの練習になります 発達障害やグレーゾーンの人を含め、コミュ障と言われる人(ここではST気質と言ってます)は、「空気が読めない」とよく言われますが、全くわからないというわけではなく、「言った…

子ども本人も気づかない、不登校に込められた本当の意味

不登校の意味、子どもの心の叫びに、親はいつ気づけるか 不登校、ひきこもり。 親は、子どもが人生につまずいたと思い、なるべく早く元の軌道に乗せようとしますが、なかなかうまくいきません。 子どもは、元に戻してほしいわけではないのです。 気づきを求…

二十歳の娘、メンタルクリニックお手上げで小児科に舞い戻る

えらい目に合ったことが転機となる?娘が急に変わってきました 年明け初めてのブログです!みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回は年末にあったことをお届けしますね。 娘がメンタルクリニックでお手上げ状態となってから、初めて発…

ST気質の人の敏感さで、あえて治療を受けない人も意外と多いと思います

歯の治療を絶対にしないタイプのST気質さん 将棋棋士の加藤一二三さんは、現役を引退してからテレビ番組の人気者ですね。 ご本人の話を聞いていると、ST(スペシャルタレント)気質ならではのこだわりや感覚の鋭さなど、たくさんの特徴的なエピソードを披露…

ST気質の子は納得しないと動けません。健やかな心を育みたかったら、大人はだまさない、うそをつかない

この特徴を知っていると、苦手な病院に行くときにも応用できます ST気質(発達障害及びその周辺のグレーゾーン)の特徴として、納得しないと取り組めない、動けない、というのがあります。 そのため子ども時代はなかなか物ごとに取りかかれなかったりして、…

ひきこもり娘、久々の電車でお出かけ、乗り物酔いせず往復できました!

送迎なしでの自力お出かけができたのはかなり久しぶりのこと ここ何年も電車に乗るたびに乗り物酔いで具合が悪くなっていた娘。 小学生の頃から酔い止めを飲んでいましたが、酔い止めそのもので具合が悪くなってしまうようだと判明。 また、娘は耳の過敏から…

2年前の悩めるメール相談からスタート。お母さんに続いてお父さんもおしゃべり会に参加してくれました

長い道のりでしたが、ママさんの作戦でパパさんが動き始めました 私が思春期ブルー相談室の活動として、メールカウンセリングを始めたばかりの2年前に相談してくれたお母さんです。 メールには、赤ちゃんのころからの難しい子育てに悩み、苦悩する真面目なお…

娘のエビリファイ騒動で私のトラウマが…

こういう時は夫の役割も大事! 前回の記事の続きです。 3度目のメンタルクリニックで、娘が二十歳の誕生日に試したエビリファイ0.5錠で副作用がたくさん出て(というか副作用しか出なかった)困ったことを報告。 ドクターは穏やかな雰囲気は崩しませんでした…

メンタルクリニックのドクターもお手上げ?新しい提案なく診察終了

エビリファイ0.5mgでここまでの副作用は、前例がないそうです 前の記事の続きです。今回も薬のことなので、誰にでも参考になる話ではありません。特に娘はかなり特殊なケースなので、こんな人もいるんだ、くらいの感じで読んでいただけるとありがたいです。 …

発達障害ひきこもり娘の薬探し。二十歳の誕生日に抗精神病薬エビリファイに挑戦した理由を後から知って、私が泣きそうになった話

結果的に死ぬかと思うほど大変な目に合った薬でした 前々回の続きです。今回も薬のことなので、誰にでも参考になる話ではありません。特に娘は特殊なので、こんなケースもあるんだ、くらいの感じで読んでくださるとありがたいです。 PMS(月経前症候群)の辛…

発達障害の娘、二十歳の誕生日にプレゼントした5品

乗り物酔いしないメガネ・フィジット系・重い毛布・トランポリン。すべて娘の特性に合わせたものとなりました わが家のひきこもり娘、外出が難しい理由としてひどい乗り物酔いがあります。元々吐きやすい体質なのか、電車に乗っては吐き、新幹線でも吐き、車…

発達障害、特殊脳の娘。極少量の抗うつ剤SSRIで大打撃

レクサプロ10mgを半錠試した結果が悲惨 前々回の記事からの続きです。薬のことなので、誰にでも参考になる話ではありませんが、こんなケースもあるんだ、くらいの感じで読んでくださると嬉しいです。 娘、初めて訪れたメンタルクリニックからの勧めで、これ…

ひきこもり娘、PMS治療でメンタルクリニック体験

開業したばかりの小さなクリニックを予約 前回の記事の続きです。 元々は月経前症候群(PMS)治療のため、漢方薬に加えて抗うつ剤のSSRIをプラスしてみることになった娘。 PMSでSSRIを使用する場合、排卵日から次の月経まで飲むパターンが主流のようですが、…

娘、PMSの治療で漢方薬にプラスしてSSRIを試す

抗うつ剤SSRI、娘の場合は即効性ありすぎで医者もビックリな話 今回の記事も薬のことなので、誰にでも参考になる話ではありませんが、こんなケースもあるんだ、くらいの感じで読んでくださると嬉しいです。 わが家のひきこもり娘、今年の春から真面目に婦人…

芽が出ない種だって、森には必要

人だって、芽が出なくてもこの世に必要 少し前に一人でツアーに参加して、青森県の世界自然遺産白神山地をハイキングしてきました。ブナの原生林の中に入って、森の命の営みを直に感じられたのは、本当に素晴らしい体験でしたよ! ガイドさんからブナの木の…

私が中学時代の、不登校で発達障害の友だちのこと

今でもしょっちゅう思い出す、聡明な女の子 今アラフィフの私が、中学生だったころの話です。当時通っていた中学では、クラスが違っても女の子同士近所の子が集まって登校していました。 一番学校から遠い私からスタートして、次に遠い子の家に行き、二人で…

不登校。行きたくても行けない、心とからだ

不登校で休んでいても、心は家で休めていない子ども 私は家族支援カウンセラーとして活動しておりますので、不登校の原因をその子、またその家族の持つ気質と、社会的な背景も含めての子育ての仕方に要因があると理解しています。 その気質は、このブログの…

不登校の子、発達障害の子。親は“監視“ではなく“観察”を。

親の過干渉である“監視”“見守り”は、子どものエネルギーを奪います 私は、子どもが発達障害でもグレーゾーンでも、つ離れの時期、つまり10歳を過ぎたならば、親は手出し口出しせずに子どもに任せるよう子育ての方針を変えていけば、子どもが思春期ブルーに陥…

発達障害。ADHDもASDもLDも元は同じ気質と考える

ST気質(発達障害及びその周辺のグレーゾーン)として理解すれば、すんなり腑におちます おしゃべり会でこんな感じのことをお話ししているお母さんをよく見かけます。 「うちの子はADHDだけじゃなくてASDもあって、その上HSCで、ODもあります。どうもLDもあ…

子どもの不登校が原因で、お母さんがうつになる

子どもが学校に行かなければ私も治らない、という危険な思考 子どもが中学生くらいで不登校になった場合、いわゆる思春期ブルーの爆発した状態ですから、さまざまなからだの不調や精神的なダメージがあります。 暴言暴力に始まり、起立性調節障害で昼夜が逆…

誰かのために生きる

役目があること。自分に合った役目がみつけられること 前回の記事を書いていて思ったことです。 娘は、1日を24時間で回転するように生活できなくて苦労していますが、私が思ったのは、私だって夫の出勤があったり、娘を希望時間に起こすという役目があるから…

思春期ブルー。お薬は二人三脚で

気質を理解して、どこまでサポートが必要か見つけていきましょう おしゃべり会に参加してくれたり、カウンセリングを受けてくださるお母さんから、よく聞かれることに、「なぜ子どもは自分から薬を飲まないのか?」「いつになったら忘れずに飲めるのか?」と…

娘のADHDの忘れっぽさ。最近、同じになってきた私

物忘れのミスから、家族のコミュニケーションを考えてみました この間の記事で、私は家にある物全てのしまい場所を覚えている、と書いたんですけどー、 でも〜〜、最近ー、その私の記憶もあやしくなってきていますぅ〜〜 存在そのものを忘れてしまったり、し…

発達障害の特徴かな。自分の家の間取りが書けない娘

頭の中に地図が浮かばないのは、家の中でも同じようです 先日、発達障害で通っている病院に診察に行った時のことです。 ドクターが処方せんを記入している間に、娘と看護師さんがしゃべっていて、何かの話の流れで地図が読めるかどうか、という話になりまし…