不登校ひきこもり 思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


思春期ブルー対策

すべて拒否中3男子の心の扉を開けた父親の話

予想もしなかったアクシデントがきっかけとなったケース 今回ご紹介するのは、少し前の記事でお母さんの頑張りを認めたお父さんの話を書いた、あのご家族です。 ssbluesoudan.hatenablog.com このできごとがあってからも、勉強会やおしゃべり会でこのお母さ…

通信制高校不登校男子と、単身赴任父の不仲が改善した話

チャンスをつかんだお母さんのひと言で、家族がごろっと変わったケース 今回ご紹介する話は、おしゃべり会リピーターのお母さん(Aさんとします)が話してくれたエピソードです。 5人家族ですが、上にいる2人のお姉さんはすでに独立していますし、お父さんは…

ST気質・不登校の子どもと向き合うママさんが、パパさんをも変えた例

パパさんが、「頭が上がらない」とママさんの頑張りを認めた話 みなさん、こんにちは。いつも読んでいただきありがとうございます。 今回は、前回の記事で紹介したご家族のエピソードを紹介します。 話してくれたのは、中学不登校男子のお母さん。受容までの…

ST気質を知ったことで子どもの見事な敏感さに気づいたお母さん

不登校、高校2年生男の子のケース 先日カウンセリングを受けてくれたお母さんのエピソードです。 このお母さんは、息子さんが不登校になったことがきっかけでネット検索から私のブログにたどり着いたとのこと。 そこからホームページの「受容までの道のり14…

不登校、コミュ障の子にこそスマホやPCを

人間関係につまずいた子どもにはSNSがコミュニケーションの練習になります 発達障害やグレーゾーンの人を含め、コミュ障と言われる人(ここではST気質と言ってます)は、「空気が読めない」とよく言われますが、全くわからないというわけではなく、「言った…

たったひと晩お母さんが対応を変えただけで息子さんが穏やかな表情となったケース

親の変化に敏感なST気質の子どもの実例④ 前回に続いて、受容までの道のり勉強会に参加してくれた方のお話です。今回が最終回で、Dさんの話。 Dさんは、パルシステムのチラシでおしゃべり会の案内を見て参加してくれたのが最初なので、ST気質についてはほとん…

中学の卒業アルバム問題。受容までの道のり実践で子どもに任せることができたケース

親の変化に敏感なST気質の子どもの実例③おまけにパパさんも 今回の記事も前回に続き、昨年10月にスタートした受容までの道のり勉強会に参加してくださった方のお話をお届けします。 今回はCさんの話。 Cさんはおしゃべり会に参加したことでST気質について知…

不登校から大学進学が決定!受容までの道のり実践で大変化したご家庭の場合

親の変化に敏感なST気質の子どもの実例② 今回の記事も前回に続いて、昨年10月にスタートした受容までの道のり勉強会に参加してくださった方のお話をお届けします。 今回はBさんの話。 Bさんはおしゃべり会の始まったころから参加してくれているお母さんで、…

受容までの道のり勉強会に参加してくれたお母さんからの報告

親の変化に敏感なST気質の子どもの実例① 今回の記事から、昨年の10月にスタートした受容までの道のり勉強会に参加してくださった方のお話をお届けします。 お子さんの年齢、不登校の状況など違いますので、おひとりずつご紹介していきますね。 今回はAさんの…

「学校を休んでもいいんだよ」この許可だけで不登校は解決しない

子どもの命を吸い取るバンパイヤママ、ディメンターママにならないために 前回の記事で、不登校は、自分らしく生きたいという心の叫びを表現した、命がけの行動だということを書きました。 私の娘は0か100のとても極端で、感覚が敏感な子です。中学2年生の夏…

子どもの不登校で悩むお母さん方と、何度かお会いして実感したこと

継続してお会いできる人とたまに会う人の差 私が思春期ブルー相談室の活動として大事にしているおしゃべり会も、およそ2カ月に1度の開催で先日が10回目でした。 その活動の中でお母さん方の要望に応える形で、受容までの道のり勉強会も開催するようになりま…

子どものことが褒めてあげられないお母さんの苦悩

自分の母親から褒められたことがないから。それだけが理由ではありません おしゃべり会に参加してくれたお母さん(Aさん)が、受容までの道のり勉強会を受講してくれた際に出てきた話題です。 かつて、学童保育で働いていたというAさん。 職場の上司から子ど…

パパさんもおしゃべり会での、ママさんの反応とパパさんの反応

なんだかんだ、ママたちは恥じらいの少女だし、パパたちは照れ屋な少年なんだとわかった件 お子さんの不登校で悩んで、外部に相談するご家庭は、ご夫婦ともにとても真面目な方が多いです。 私のおしゃべり会にリピーターで参加してくれるお母さん方はホント…

ご夫婦で対応を変えた結果、300日の自室ひきこもり生活から出てきた高校生男の子

不登校ひきこもりの子育て経験者のアドバイスを頼りにしたご夫婦のケース 今回のエピソードは、パパさんもおしゃべり会に参加してくれたお父さんから聞いた話です。 お申し込みの段階で、熱い思いが詰まったメールをいただきました。 「思春期ブルー相談室を…

おしゃべり会リピーターのお母さん、子どもの気質を家族で共有する意味に気づいて動き出した結果

子育てに無関心な単身赴任のお父さんが変わりそうです 思春期ブルー相談室のおしゃべり会に何度も参加してくれているお母さんの話です。 上の子は2人とも独立していて、年の離れた高校生男の子が不登校です。 3人目ということもあり、ひとりっ子のお母さんに…

2年前の悩めるメール相談からスタート。お母さんに続いてお父さんもおしゃべり会に参加してくれました

長い道のりでしたが、ママさんの作戦でパパさんが動き始めました 私が思春期ブルー相談室の活動として、メールカウンセリングを始めたばかりの2年前に相談してくれたお母さんです。 メールには、赤ちゃんのころからの難しい子育てに悩み、苦悩する真面目なお…

不登校からの脱出。お母さんから娘へ、娘からお父さんへ。家族に変化が現れ始めました

パパさんもおしゃべり会に参加したお父さんの事例です 前回の記事で、お母さんが思春期ブルー相談室にたどり着いて半年、娘さんが劇的な変化を遂げた例を挙げました。 とても熱心に受容までの道のりを実践してくれた結果です。 しかし、なかなか夫婦揃って同…

お母さんとも険悪な不登校、リスカの高校生女の子が、生き生きと働き始めました

おしゃべり会に参加して、進む方向がわかったお母さんの変化が、娘さんを変えました 今回の記事は、おしゃべり会リピーターのお母さんの話です。記事に取り上げることについて快諾いただきましたので、ご紹介しますね! 不登校から通信制高校に転入した娘さ…

昨日、9回目のおしゃべり会、無事に終わりました!

7名のお母さんが集まり、あっという間の3時間 ブログを読んでくださる読者のみなさん、こんにちは!いつもありがとうございます。 昨日のおしゃべり会、無事に終了しました〜。会の様子はホームページの方で写真付きで報告しています。参加者の感想も載せて…

受容までの道のり勉強会のご感想が届きました

勉強会を受講したお二人からのご感想をホームページに掲載しました いつもブログをご覧になってくださるみなさま、こんにちは。 私にしては珍しく、本日2つ目の記事です! 昨日、初めて開催した「受容までの道のり勉強会」を受講してくださったお二人に、感…

初めての勉強会、終わりました〜

昨日は「受容までの道のり」勉強会でした ブログをご覧になってくださるみなさん、こんにちは! いつもありがとうございます。 昨日は、私がホームページの方で公開している「受容までの道のり」を、個別の対面式でお伝えする勉強会を実施しました。 受講し…

子どもの不登校は自分(母親)の問題だと思っている人は、目が変わります

お母さんが自分のことに目が向くと、気づきが訪れます 思春期の子どもの不登校やひきこもりでお悩みのお母さんを対象に親の会「おしゃべり会」を開催したり、カウンセリングをするようになって、感じるようになったことがあります。 みなさん、子どものこと…

睡眠障害、昼夜逆転。娘独特の時間のとらえ方

私は同じようなことだと思っても、娘からすると全然違う、ということがよくあります 親から見ての話ですが、最近の娘はひどかった過眠状態が少しは改善しているような気がするんです。 以前は16時間18時間とか、一度も起き上がらずにずっと寝続けていました…

娘とハグ!おしゃべり会参加の方から嬉しい報告!

おしゃべり会リピーターさんからのメールを紹介します 8月のおしゃべり会で久しぶりにお会いしたリピーターのお母さんから、嬉しいメールが届きました。 このお母さんは、何度かおしゃべり会に来てくれていますが、うちの娘とよく似たタイプの高校生の娘さん…

「私の人生を返せ!」と叫びながら運転中の 母親の首を絞める子ども

「自分の人生を生きたい!」という子どもの心からの叫びをどう受け止めるか 不登校やひきこもりの子どもがいて、その手の講演会や親の会に出向いていると、実例としてよく出てくる話があります。 それは、子どもが「俺(私)の人生を返せ!」と母親に食って…

「スペシャルタレントって、なんかいいよね」不登校のお子さんの言葉です

ブログ読者の方から素敵なメッセージが届きました 少し前のことですが、読者の方がメッセージを送ってくれました。この方は、前に私のカウンセリングを受けて、感想を送ってくれた方です。【その記事がこちら↓】 子どもが愛おしく思えてきました〜カウンセリ…

不登校親の会。お母さんが受容された気持ちを忘れないで

おしゃべり会でのお母さんたちを見ていて感じたこと 私が開催しているおしゃべり会に集まるのは、子どもが思春期ブルーに突入し、不登校となったお母さんたちです。 子どもに苦戦し、学校との連絡に疲弊し、場合によっては夫や親の理解もなく責められ続け、…

「子どものうつ」NHK番組の感想〈治療について〉

番組を見た私の率直な感想 前回の記事で、子どものうつ病をテーマにしていたNHK「きょうの健康」の番組内容を紹介しました。 番組では、児童思春期精神医学の専門家である齋藤卓弥先生が、うつの背景には発達障害があること、また子どもには抗うつ剤は効果が…

思春期ブルー。子どもの悩みを愚痴で終わらせない

まず心に溜まった溢れる思いを外に吐き出すことが大切 私がカウンセラーの資格を取った家族支援メンタルサポート協会の森理事長は、私自身森先生のおしゃべり会に参加していたころから、「心に溜まった辛い思いや愚痴は、吐き出して吐き出して、心にすき間を…

不登校。子どもとの悪循環な言い争いをやめる方法

不登校のわが子とのバトルは自分の欲求を見つめることで避けられる 娘が中学1年の時に発達障害があることかわかり、その後中学2年から不登校。親子のバトルは激しくなる一方でした。 娘が中学3年の夏、あいあいキッズクリニック思春期ブルー研究所のブログか…