思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


不登校

【Ⅵ引き寄せの法則】どんな人生でも、結局は受け入れて生きていくしかない

目の前の現実を受け入れるしかないのが人生 これは、子どもの不登校やひきこもりなど、親子や家族の問題を抱えている人にだけでなく、誰にでも言えることだと思いますが、人というのは、起こった現実を受け入れて生きていくしかありません。 結局のところ、…

【Ⅴ引き寄せの法則】「不登校でも大丈夫!」と親が思えるようになるには

気持ちを切り替える力を養うちょっとした工夫 前回の記事では、人は元々ネガティブな刺激の強いことを好んで考えてしまう生きものだという説明をしました。そして、過去や未来のことに脳みそを占領されそうになったら、0地点である今現在、目の前のことに集…

【Ⅲ引き寄せの法則】引き寄せの法則は、思いが先。出来事も、人も集まってきます

類は友を呼ぶも引き寄せの法則 これまでの記事で、「どうしよう」「困る」という不安や心配な状況というのは引き寄せられる、ということを説明してきました。 また、「こういうふうになってほしい」「こうなってもらいたい」と願う気持ちは、その言葉通りに“…

【Ⅱ引き寄せの法則】引き寄せの法則を子育てにうまく利用する

言葉に厳密な引き寄せの法則 前回の記事で、「こうなったら嫌だなぁ」「こんなふうになったらどうしよう」と思うことほど実際にそうなるものだ、ということを、引き寄せの法則を使って説明しました。今回の記事ではもう一つ別の説明もしてみますね。 例えば…

【Ⅰ引き寄せの法則】不登校。「子どもがひきこもりになったらどうしよう!」と焦る親

引き寄せの法則で、「なったらどうしよう」と心配する状況になるようにできています 前置きをしておきますが、私はスピリチュアルとか自己啓発とかの専門家ではありません。なので、引き寄せの法則についても、うまく説明できない自信があります!ごめんなさ…

不登校。子どもの心のエネルギーの限界

本格不登校よりも、休みながら学校に行くことがしんどい 家族支援メンタルサポート協会の森理事長によると、子どもは本格不登校になる前の登校しぶり期が最も辛いのだそうです。 このことについては、不登校経験者の方で、現在は子どもの支援活動をしている…

不登校の子どもの謎の行動には必ず理由があります

不登校になる子の気質的な特徴 私は、不登校やひきこもりになる子にはST(スペシャルタレント)気質があり、長年のストレスから思春期ブルーに陥った結果として不登校になっていると説明しています。 ST気質とは、発達障害及びその周辺のグレーゾーンの人が…

「スペシャルタレントって、なんかいいよね」不登校のお子さんの言葉です

ブログ読者の方から素敵なメッセージが届きました 少し前のことですが、読者の方がメッセージを送ってくれました。この方は、前に私のカウンセリングを受けて、感想を送ってくれた方です。【その記事がこちら↓】 子どもが愛おしく思えてきました〜カウンセリ…

不登校親の会。お母さんが受容された気持ちを忘れないで

おしゃべり会でのお母さんたちを見ていて感じたこと 私が開催しているおしゃべり会に集まるのは、子どもが思春期ブルーに突入し、不登校となったお母さんたちです。 子どもに苦戦し、学校との連絡に疲弊し、場合によっては夫や親の理解もなく責められ続け、…

不登校の理由の考え方

なぜ不登校になるか、表出した現象を引き起こす本質に目を向けます お子さんの不登校やひきこもりの原因を考えた時に、人間関係(友人・先生など)のつまずきや、いじめの問題、また起立性調節障害や過敏性腸症候群などの身体に現れた症状、うつ病や強迫性障…

思春期ブルー。子どもの悩みを愚痴で終わらせない

まず心に溜まった溢れる思いを外に吐き出すことが大切 私がカウンセラーの資格を取った家族支援メンタルサポート協会の森理事長は、私自身森先生のおしゃべり会に参加していたころから、「心に溜まった辛い思いや愚痴は、吐き出して吐き出して、心にすき間を…

娘の発達障害と不登校。私の迷いなき子育てが娘を追い詰めていました

娘の独特な性質がわからず、子育てにいつも悩まされていた私 娘は、生まれた瞬間から(私の感覚では妊娠した瞬間から)とても育てるのが大変なタイプの子で、すくすくと育った記憶は全くなく、いつのどの時を思い出しても「あぁ、あの時はあれが大変だった」…

ゴールデンウイーク最終日に思い出すこと

わが家の娘は、中学生の頃から学校には行かなくなりましたので、世間のお休みとは全く無関係の生活を送っておりますが、私自身がこのような活動をしていますと、この時期は子どもや新社会人の自殺予防の情報が目に飛び込んできますね。 統計上、長いお休みが…

不登校の子どもと母親がやりがちな悪循環バトル

中学不登校時代、娘とのバトルはマイナスのスパイラル 私がまだ不登校についての勉強を始める前。娘の反抗的な態度に悩みつつも、原因を思春期に突入した子どもならではのものだと勘違いしていた時のことですね。 娘との言い争いは本当にしょっちゅうのこと…

中学2年生から不登校を選んだ娘は、学校とどう付き合うことにしたか

一人の生徒ではなく、個人として見てくれたことが救いに 今回する娘の話は、発達障害ADHDの診断から1年後、中学2年生で不登校が始まってからのことです。 娘の場合、不登校の直接的な理由は感覚的な過敏さからくる体調不良でした。だんだんと普通の学校生活…

中学の途中で発達障害と診断され、不登校になった娘への学校側の対応は?

真面目なタイプの子は発達障害と気付くことが難しい 前回、中学生になった娘がどんなことで学校生活に困っていたかを書きました。私には本人の本当の辛さはわからないので、書いた内容を当事者の方が見たら、もっとこうだったああだった、という具体的な話が…

不登校の解決は親次第といわれる理由

親の「学校信仰」と「過干渉」が解決の糸口 今回の記事は前回の続きで、不登校の解決について書きます。【こちらが前回の記事です ↓】 ssbluesoudan.hatenablog.com 家族支援メンタルサポート協会の森理事長は、不登校解決の鍵となるのは、親が「学校信仰」…

不登校の解決を「学校に戻ること」にするのは、根本的な解決にはなりません

不登校の子どもの「サービス登校」 不登校をしている子どもが、自ら望んで「学校に行く」と言うことがあります。行ったり行かなかったり、なんでそういうふうになるんでしょうね? 実はこれ、親の価値観が大きく影響していることがわかる現象なんです。 親が…

不登校の突破口を求める母親に送りたいメッセージ

私が、子どもにどう言葉かけすれば動くのかで頭がいっぱいの時期 家族支援メンタルサポート協会の森理事長によると、ギリギリまで頑張って命を守るために不登校を選んだ子どもの心身エネルギーは、数値化すると10~20%まで下がっているそうです。 減る一方だ…

私が変わったことで、娘からの質問「どっちがいい?」にも変化が起こりました

少し前に「親が変われば、子どもも変わる」という記事を書いています。【それがこちら↓】 ssbluesoudan.hatenablog.com 今回は、私が変わったことで娘との関係が変化した一例を書いてみます。 「どっちがいい?」は相手をコントロールするための質問でした …

娘が中学不登校当時、私が手帳に書いていたこと

娘が中学2年生で不登校になってから、私自身が公的機関でカウンセリングを受けていました。その頃の私の手帳には、予定というよりは娘との出来事や日々の不安、心配事が書いてあります。それも日付けの部分に日記形式で丁寧に書いているのではなく、週めく…

不登校中の子どもは学校に行かないのになぜ疲れるのか?

不登校の子は、内向きエネルギーを大量に消費して疲れてしまう 不登校やひきこもりをご自身が経験し、現在は不登校の子どもたちをサポートしている方の体験談で、「不登校をしている時というのは、何もしていないように見えるかもしれないが、実際はとても疲…

この子のおかげと思えるまで【後編】

【前の記事からの続きです】 ssbluesoudan.hatenablog.com 今まで態度や視線で子どもを非難していた。不登校は子どもの問題ではなく私の問題だった 「自分は自分。子どもは子ども。それぞれ別のものとして考えられるように。」 「それには、子どもを心から信…

この子のおかげと思えるまで【前編】

はじめに 私が娘の中学不登校で悩んでいた2014年当時、家族支援メンタルサポート協会の森理事長が、学びリンク株式会社の場を借りて「おしゃべり会」を開催していました。(現在は休止中) 私自身は娘が中学3年の夏から参加していました。 その後、親子でず…