思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話


テレワークの夫とひきこもりの娘と私

家族全員がずっと家にいる8月 夫の会社が、来年のオリンピック開催期間中にテレワークを導入するため、練習として、夏休み明けから1週間、出社せずに自宅でお仕事してます。 夫は普段7時ごろ家を出発するので、私も毎朝5時40分起き。 私は早起きが苦手だから…

ひきこもり娘、9年ぶりにできたこと

娘、19歳の夏です このところ難しい記事を書いてきたので、ちょっと休憩でゆるめの記事を… わが家が今住んでいるところに引っ越してきたのは、娘が小学校5年生になる時でした。 その年のお盆に、老々介護解消のため、夫の両親にわが家のすぐ近所の賃貸マンシ…

【Ⅵ引き寄せの法則】どんな人生でも、結局は受け入れて生きていくしかない

目の前の現実を受け入れるしかないのが人生 これは、子どもの不登校やひきこもりなど、親子や家族の問題を抱えている人にだけでなく、誰にでも言えることだと思いますが、人というのは、起こった現実を受け入れて生きていくしかありません。 結局のところ、…

【Ⅴ引き寄せの法則】「不登校でも大丈夫!」と親が思えるようになるには

気持ちを切り替える力を養うちょっとした工夫 前回の記事では、人は元々ネガティブな刺激の強いことを好んで考えてしまう生きものだという説明をしました。そして、過去や未来のことに脳みそを占領されそうになったら、0地点である今現在、目の前のことに集…

【Ⅳ引き寄せの法則】気持ちを切り替える力を養うには

脳にとって、より刺激的で興奮するネガティブな感情 ここのところ引き寄せの法則に関することを説明しています。「不安だ」「心配だ」「うまくいかない」「どうしよう」と思っている人は、マイナスなことに注目し続けてそう思う状況を自分で引き寄せているの…

【Ⅲ引き寄せの法則】引き寄せの法則は、思いが先。出来事も、人も集まってきます

類は友を呼ぶも引き寄せの法則 これまでの記事で、「どうしよう」「困る」という不安や心配な状況というのは引き寄せられる、ということを説明してきました。 また、「こういうふうになってほしい」「こうなってもらいたい」と願う気持ちは、その言葉通りに“…

【Ⅱ引き寄せの法則】引き寄せの法則を子育てにうまく利用する

言葉に厳密な引き寄せの法則 前回の記事で、「こうなったら嫌だなぁ」「こんなふうになったらどうしよう」と思うことほど実際にそうなるものだ、ということを、引き寄せの法則を使って説明しました。今回の記事ではもう一つ別の説明もしてみますね。 例えば…

【Ⅰ引き寄せの法則】不登校。「子どもがひきこもりになったらどうしよう!」と焦る親

引き寄せの法則で、「なったらどうしよう」と心配する状況になるようにできています 前置きをしておきますが、私はスピリチュアルとか自己啓発とかの専門家ではありません。なので、引き寄せの法則についても、うまく説明できない自信があります!ごめんなさ…

【募集】8月26日(月)千葉開催、思春期ブルー相談室 おしゃべり会、申込み受付中です!

8月26日(月)千葉開催の親の会、参加者募集中! ブログ読者のみなさま、いつもありがとうございます。 今ちょっと難しいテーマに取り組んでいて、ブログもアップできていない間に、気づいたら次回おしゃべり会まであと2週間となってました! なので今回の記…

親のすることは、子どもが自分を乗り越えようとする力を信じて応援すること

わが子が自ら育とうとする意志力を支えられる親でいられるか 家族支援カウンセラーの養成講座で毎回ご協力くださる汐見稔幸白梅学園大学名誉教授は、「子どもには自分で次の課題にチャレンジする力、自分を乗り越えようとする本能が備わっている。」と言って…

「私の人生を返せ!」と叫びながら運転中の 母親の首を絞める子ども

「自分の人生を生きたい!」という子どもの心からの叫びをどう受け止めるか 不登校やひきこもりの子どもがいて、その手の講演会や親の会に出向いていると、実例としてよく出てくる話があります。 それは、子どもが「俺(私)の人生を返せ!」と母親に食って…

子どもの習い事に見る親の過干渉

子どもが望み、楽しんでやれることを 少し前の記事で、ST(スペシャルタレント)気質の代表例であるイチローさんのことを記事にしました。 【その記事がこちらです↓】 ST(スペシャルタレント)気質の代表例、イチローさんを解説 - 思春期ブルー相談室ブログ…

不登校、ひきこもり。過干渉な親ほど子どもの自立を願う矛盾

先回りし、子どもの進むべき道にレールを敷く親 私は、発達障害及びその周辺のグレーゾーンの、思春期ブルーに陥った子どもを持つ親ごさん専門でカウンセリングを受けています。 2ケ月に一度のペースで親の会も開催していますので、同じような状況のご家族の…

夏の風物詩、花火大会。ある家族のできごとから、子どもの受容について考える

今週のお題「夏休み」 花火の音が怖い子どもに対する、家族それぞれの対応 先日地元の花火大会があり、解放された公園の広場に、犬を連れて夫婦で出かけました。 毎年恒例行事ですから楽しみ方もだいぶ習得してきて、今年は敷物とバスタオルを持参し、タオル…

娘、自分の取り扱い説明書作りが進み、ラスト2日のテストは頑張れました

ひきこもり娘、通信大学での初テスト、出席日数は5分の3 前回の記事で、テスト期間中の娘が、朝起きたと思ったら嘔吐してしまい、結局その日と翌日の2日間はテストを休んだことを書きました。 休みはしましたが、今回の嘔吐はからだのリズムと気圧の動きが関…