思春期ブルー相談室ブログ

家族支援カウンセラー海野しぶきによる不登校・ひきこもりの解説と、わが家の話

娘の不登校がもたらした、おまけの悟り

子どもとの関係は、どの人間関係にも応用できます 前回までの記事で書いてきた通り、私は娘の不登校を経験したことから、「価値観」についてよ〜く考え、「親は親、子どもは子ども」「子どもは、一人の人間(他者)として尊重すべき対象だ」 ということがだ…

思春期ブルーの子どもとの距離の取り方

前の記事で「親は親。子どもは子ども」というタイトルで価値観について取り上げました。そこで、どうやら価値観の違いは、遠距離だと受け入れやすく、近距離だと受け入れ難くなる特徴がありそうだと書きました。【その記事がこちら↓】 ssbluesoudan.hatenabl…

「親は親。子どもは子ども」とは

前回は「親が変われば、子どもも変わる」でした。 【その記事がこちらです↓】 ssbluesoudan.hatenablog.com 今回のテーマは「親は親。子どもは子ども」。私にとっては非常に難しいテーマで、わかりやすくお伝えするにはどうしたらいいのかと試行錯誤してきま…

「親が変われば、子どもも変わる。」とは

「親が変われば、子どもも変わる。」を思春期ブルー的に考えてみます 思春期の子育てでつまずくようになり、初めて自分のやり方がまずかったのか、と振り返るお母さん、お父さんが多いと思います。私ももちろんそうでした。 これからの親子関係を良くしてい…

「心は鏡の法則」とは

反発する親子が根底に持つ、同じ欲求に気づいてみましょう 不登校解決のためにいろいろと調べまくり、スピリチュアル的な教えにたどり着くと、よく出てくるキーワードに「心は鏡」というのがありますね。わかるようでわからない、やってるつもりだけどいまい…

子どもの話を「聴くこと」 第二段階

「聴く」相づちも段階別にバリエーションを 前回の続きです。 思春期ブルーの子どもから信頼されていることが実感できるようになったら「聴くこと」も次のステップに進みます。親が子どもの話を、耳だけでなく心の中まで「聴く」ことができるようになり、子…

子どもの話を「聴くこと」 第一段階

子どもの話を「聴き切る」コツ 前回までのブログで、「過干渉」な親から脱するには、「親からは話しかけない。」「親の意見は言わない。」とお伝えしました。 【こちらの記事が参考になると思います。↓】 ssbluesoudan.hatenablog.com その続きが「聴くこと…